オセロってなに? | オセロ公式サイト

オセロは、日本で生まれた、頭脳対戦ボードゲーム

オセロ石 白い面と黒い面をもつ円型の石 + オセロ盤 緑色の盤面に、8×8の黒のマス目の入った盤

この2つを用いるのが、オセロの決まりです。自分の色の石で相手の色の石をはさんで、はさんだ石を自分の色にひっくり返し、
それを交互に繰り返し、最終的に自分の色の石が多い方が勝ちとなるゲームです。
『覚えるのに一分、極めるのに一生』と言われるオセロは、ゲーム性はいたってシンプルなのに奥がとても深く、小さな子どもから大人、そしてお年寄りまでが一緒に対戦して楽しめるゲームです。小さな子どもが大人を打ち負かすことも可能です。

  • 頭脳 vs. 頭脳
  • 読み合い vs. 読み合い
  • 駆け引き vs. 駆け引き

まさに「頭のスポーツ」ともいうべき、人と人との知的なコミュニケーションゲーム、それがオセロです。

オセロの遊び方

  1. 12人のプレイヤーは、白い石を打つ側と、黒い石を打つ側に分かれます。はじめに、盤の中央に、図のように石を並べます。この配置から始めるのが、オセロの決まりです。黒が先手になります。
  2. 2石を打つときは、自分の色の石で相手の色の石をはさめるマスに打ちます。たて・よこ・ななめ、いずれの方向にはさんでもかまいません。相手の石をはさめないマスに石を打つことはできません。はさんだ石は必ずすべてひっくり返して、自分の色の石にします。
  3. 3盤の四隅の石は、はさむことはできません。
  4. 4相手の石をはさめるマスがない場合は、パスとなります。打てるマスができるまでは、何回でもパスとなり、相手が連続して打ちます。
  5. 5盤面がぜんぶ埋まるか、黒白ともに打つマスがなくなったら、終局です。その時点で自分の色の石が多い方が勝ちとなります。

上記のとおり、基本的な遊び方は、とてもシンプル。
上達すると、さまざまな攻略法や必殺テクニックを使って、相手との知的な駆け引きを楽しめるようになり、より奥深い面白さが広がります。